経営者の方へ

法務の力で企業を強くする

経営者の皆様 はじめまして、弁護士の古山です。

私は、平成25年に名古屋へ事務所を開設して以来、年間100件以上の法律相談を受け、これまで数多くの法務案件にたずさわって参りました。特に、企業の紛争事件を多数扱い、多くの裁判を経験してきました。そして、様々な事件を扱う中で、弁護士によって結論は変わりうることを心の底から感じ、「依頼者のためにできること全部」を信条にまさに毎日全力疾走でご依頼をいただいた企業のために力の限りを尽くしてきました。

 

ただ、紛争事件を扱えば扱うほど、「契約書さえちゃんと作っておけば」、「就業規則の作成手続きに不備さえなければ」、「従業員を解雇する前に一言相談さえしてくれれば」など、弁護士による法務支援さえあればこうした紛争を未然に防ぐことができるのに、との歯がゆい思いが募らずにいられませんでした。しかも、弁護士であれば誰でもいいというわけではなく、その分野に精通した専門家でなければ的確な助言・支援を行うことが難しいということも、やはり痛感せずにはいられませんでした。

 

そこで、私は業務の中心を「紛争解決型」から「紛争予防型」、さらには法務の視点で経営を支援する「法務参謀型」へと大きく変更し、法務支援の提供に力を注ぐようになりました。特に、現在では、当事務所の主要案件であり、自信を持って提供できる労務、労働問題の分野に特化し、従業員の採用から退職までの様々なリスク予防をはじめ、賃金制度を含めた雇用環境整備への助言等、経営側労務顧問サービスを提供しています。「法務の力で企業を強くする」ことが私の使命です。是非、皆様の企業が、従業員とともに今後ますます成長、発展していくために、専門特化された法務の力を取り入れていただければと思います。

 

企業の基盤をより強くしたいとお考えの経営者様、社外参謀としての相談・助言先をお探しの経営者様、今目の前にある問題を解決したいとお困りの経営者様、そして、従業員の幸福を願う熱意ある経営者様は、是非当事務所をご活用ください。

法律相談のご予約はお電話で052-563-7101

電話受付時間

平日9時~19時
(土・日曜、祝日休み)