労働コラム

不法就労の防止と対応

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。外国人雇用の問題でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 不法就労とは 外国人は、在留資格によってその就労の可否及び範囲が決まります。つまり、外国人は日本国内において自由に就 続きを読む >>

外国人技能実習生の受入手続

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。外国人雇用の問題でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 団体監理型技能実習 外国人技能実習生の受入れには、大きく分けると「企業単独型技能実習(技能実習法2条2項)」と「団体 続きを読む >>

派遣労働者への労働条件の通知と就業条件の明示

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。派遣業の皆さまでお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 派遣労働者の二面性 労働者派遣は、「自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人 続きを読む >>

労働者派遣期間の制限と適正な運用

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。派遣業の皆さまでお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 派遣期間の制限 労働者派遣においては、常用代替防止・派遣労働への固定化防止の観点から、派遣可能期間についての制限が設け 続きを読む >>

相次ぐ技能実習認定の取消し‐外国人材受入れ企業はより一層のコンプライアンスを

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。外国人雇用の問題でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 技能実習法の施行 外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)が、平成29年11月1日 続きを読む >>

派遣契約の終了と派遣労働者の処遇

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。派遣業の皆さまでお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 労働者派遣契約と中途解約 労働者派遣事業を行う派遣会社は、労働者派遣を希望する派遣先企業との間で労働者派遣契約を締 続きを読む >>

「残業代込みの給料」-定額残業代制の留意点

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 定額残業代制・固定残業代制 業務の都合上、どうしても残業が生じてしまうという企業は多いと思います。中には恒常的に 続きを読む >>

季節により繁閑がある場合は1年単位の変形労働時間制で時短を

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 労働時間の柔軟化  法定労働時間の原則 「使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超え 続きを読む >>

予期しない残業代請求を受けないための就業規則の規定と運用

残業代発生の有無には細心の注意を 従業員による企業に対する残業代請求は、企業を取り巻く労働問題の中で最もポピュラーかつ頻繁に起きている問題であり、報道でもしばしば耳にする言葉です。「自社には関係ない」「うちはちゃんと払っている」「残業はさせていない」と思っている企業であっても、ある日突然、まったく予期しない残業代請求を受けてしまうというのが、残念ながらこの問題の実態です。背景事情によっては、残業 続きを読む >>

間違えると取り返しがつかない!-就業規則「賞与」の定め方

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 賞与の支給は会社が自由に決められる 日本の企業では、夏季と冬季の年2回賞与(ボーナス)が支給されることが多く、賞 続きを読む >>

<< 前の記事を見る