労働コラム

「残業代込みの給料」-定額残業代制の留意点

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 定額残業代制・固定残業代制 業務の都合上、どうしても残業が生じてしまうという企業は多いと思います。中には恒常的に 続きを読む >>

季節により繁閑がある場合は1年単位の変形労働時間制で時短を

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 労働時間の柔軟化  法定労働時間の原則 「使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超え 続きを読む >>

予期しない残業代請求を受けないための就業規則の規定と運用

残業代発生の有無には細心の注意を 従業員による企業に対する残業代請求は、企業を取り巻く労働問題の中で最もポピュラーかつ頻繁に起きている問題であり、報道でもしばしば耳にする言葉です。「自社には関係ない」「うちはちゃんと払っている」「残業はさせていない」と思っている企業であっても、ある日突然、まったく予期しない残業代請求を受けてしまうというのが、残念ながらこの問題の実態です。背景事情によっては、残業 続きを読む >>

間違えると取り返しがつかない!-就業規則「賞与」の定め方

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 賞与の支給は会社が自由に決められる 日本の企業では、夏季と冬季の年2回賞与(ボーナス)が支給されることが多く、賞 続きを読む >>

「懲戒」の定め方‐いざという時に困らないために

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 規律違反に対する制裁‐懲戒処分 職場規律に違反し、秩序を乱すものに対しては、企業は制裁罰としての懲戒処分を行うこ 続きを読む >>

残業代の計算方法 - 家族手当は算定基礎賃金に含まれるか?

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、残業代請求への対応方法をご提案するとともに、団体交渉・労働組合対策、ハラスメント問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことが可能です。未払い残業代請求の問題等でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 残業代の基礎賃金 いわゆる「残業代」と呼ばれる割増賃金は、①法定時間外労働(労基法37条1項)、②深夜労働(労基法3 続きを読む >>

問題社員対応事例③(従業員に損害賠償を請求したい!)

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、問題社員への対応方法をご提案するとともに、団体交渉・労働組合対策、未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことが可能です。問題社員対応や解雇無効の問題等でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 名古屋市で自動車部品の製造・調達を手掛けるE社からのご相談 当社は、愛知県名古屋市で自動車部品の製造と調達を手掛け 続きを読む >>

変形労働時間制は運用が鍵!

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 変形労働時間制の「導入」と「運用」 24時間体制で勤務しなければならない職場や、季節や曜日などによって繁閑が明確 続きを読む >>

行き詰った団体交渉を打破する‐あっせん手続の活用

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、労働組合との交渉を有利に進めるための方法をご提案するとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことが可能です。合同労組やユニオンなどの労働組合との交渉でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 団体交渉の行き詰まり 使用者には、団体交渉において誠実に交渉に応じる義務が課せられています(労働組合法 続きを読む >>

残業代請求を和解で解決する場合の注意点-和解と賃金債権放棄

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、残業代請求への対応方法をご提案するとともに、団体交渉・労働組合対策、ハラスメント問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことが可能です。未払い残業代請求の問題等でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 残業代請求と和解 従業員から未払残業代請求を受けた場合、企業としては、これに対して徹底的に対抗するのか、あるいは早期 続きを読む >>

<< 前の記事を見る