就業規則

【コラム】年功序列型賃金の限界と人事制度改革

就業規則について

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、就業規則の作成、見直しをサポートするとともに、団体交渉・労働組合対策、未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことが可能です。就業規則でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 日本型雇用と年功賃金 雇用契約と日本型雇用 雇用契約は、「当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対し 続きを読む >>

【コラム】年休取得時に支払う賃金-各種手当は「通常の賃金」に含まれるか

年休取得時に支払う賃金

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、問題社員への対応方法をご提案するとともに、団体交渉・労働組合対策、未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことが可能です。問題社員対応や解雇無効の問題等でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 年休手当の算定方法 年休手当の算定方法は3種類 年次有給休暇(年休)は、その名称のとおり、「有給」での休暇です。 続きを読む >>

在宅勤務のための費用は会社が負担すべきか?-テレワークにおける費用負担

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 在宅勤務の拡大と費用負担問題 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、感染防止や危機対応として 続きを読む >>

身元保証契約には極度額の定めが必須!-民法改正への対応

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 民法の改正と身元保証契約への影響 2020年(令和2年)4月1日から改正民法(改正債権法)が施行 続きを読む >>

テレワーク導入の手引き‐弁護士がすすめるテレワーク規定の要点と成果を上げるための4つの視点

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 テレワーク導入に必要な4つの視点 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、感染防止や危機対応としてのテレワ 続きを読む >>

経営上の理由により従業員を休ませる場合の対応‐休業補償と政府による休業支援策

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 猛威を振るう新型コロナウイルスと営業危機 2020年は新型コロナウイルスが猛威を振るい、これまで人手不足への対応 続きを読む >>

年5日の年次有給休暇の取得が義務化

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 改正労基法と年次有給休暇の付与義務 労働者に権利として認められている年次有給休暇ですが、一定日数については改正労 続きを読む >>

「残業代込みの給料」-定額残業代制の留意点

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 定額残業代制・固定残業代制 業務の都合上、どうしても残業が生じてしまうという企業は多いと思います。中には恒常的に 続きを読む >>

季節により繁閑がある場合は1年単位の変形労働時間制で時短を

虎ノ門法律経済事務所名古屋支店では、法的な視点から就業規則の作成・変更・届け出に関するご提案をするとともに、解雇や未払残業代問題、休職問題など各テーマ別ノウハウに基づいたご支援をさせていただくことも可能です。就業規則の作成・変更でお困りの会社様は、是非一度当事務所にご相談ください。 労働時間の柔軟化  法定労働時間の原則 「使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超え 続きを読む >>

予期しない残業代請求を受けないための就業規則の規定と運用

残業代発生の有無には細心の注意を 従業員による企業に対する残業代請求は、企業を取り巻く労働問題の中で最もポピュラーかつ頻繁に起きている問題であり、報道でもしばしば耳にする言葉です。「自社には関係ない」「うちはちゃんと払っている」「残業はさせていない」と思っている企業であっても、ある日突然、まったく予期しない残業代請求を受けてしまうというのが、残念ながらこの問題の実態です。背景事情によっては、残業 続きを読む >>

<< 前の記事を見る